超成熟社会創造オープン研究センター

センター長 : 山中 直明(理工学部 教授)
活動拠点キャンパス : 矢上

センター概要

慶應義塾大学先導研究センター内に設置する超成熟社会オープン研究センターは、日本が世界に先駆けて直面する「超成熟社会」における新しい社会システムを、慶應義塾の文系・理系を融合し、日本電信電話株式会社(NTT)等との複数の企業との産学連携研究をコアとして、広く国内外のアクティビティと融合していくコンソーシアム型オープンラボラトリーである。

オープン研究センターは、慶應義塾と複数の企業のメンバーを融合して、理工学、社会学、政策、経済学、医学といった制限することのないフィールド技術をベースに、ICT技術をコアとしながら「超成熟社会」の問題を共同研究する。研究トピックスは、トップダウンと公募により選択するが、労働力不足、高齢者の増加、インフラの老朽化、災害、人口集中、エネルギー、食料、成長、安心・安全といったキーワードに対し、多様なアプローチを許容していく。これらのテーマの中で、5年をターゲットに共同研究を行う。その際、必要となる研究経費はコンソーシアムメンバー企業の負担とする。

キーワード・主な研究テーマ

超成熟社会、ICT、ユビキタス、ロボット、ビッグデータ

2019年度 事業計画

■2018年度より継続する活動内容について、継続する背景・根拠と目標

2018年度より、NTTと慶應義塾のビジョン共有は順調に研究されている。また、文理融合にも大きく一歩を踏み出した。これらは真に社会問題を複合的にアプローチする上で重要である。また、国際連携に関しては、オープンラボのファンクションを十分に機能させた。
2019年度においては、当センターの大きな目的である社会実装(実用化)に向けての取り組みを加速したい。
特に自動運転技術をベースとした研究は文理融合にも成功しており、その一部を社会実装できることが最重要である。

■2019年度の新規活動目標と内容、実施の背景

2019年新規というわけではないが、オープンラボを加速する。理化学研究所と本トピックスで連携しうるかを模索している。電気通信普及財団および九州大学との連携を目指す。これらの成果は新しいオープンイノベーションを生む。
また、総務省、NICTと相談をし、本センターとして慶應が参画する国レベルのオープンコンソーシアムを立ち上げる。

2018年度 事業報告

■当該年度事業計画に対する実施内容、および研究成果と達成度

2018年は3つの点で大きく研究を加速した。一点目は従来のプロジェクトに法学部、経済学部、商学部の教授を臨時的なセンター外部協力者として迎え、社会的問題として拡張をし、KGRIと協力をして研究を進めた。もう一点は、米国大学(UTD)や海外企業、国内企業と連携し、国際連携を行なった。2019年は、それらを更に拡大し、文理、国際連携を加速する。

それぞれの実施内容に関して記述する。
まず、文理融合型共同研究は主にセンター内で行なっている技術に対して、文系の教授より社会問題としてフィードバックすることを目的としている。例えば、ロボット技術の労働問題へのインパクトや経済へのインパクトについて議論された。また、将来AIやロボットが発達すると労働人口減少にポジティブなのか、Job opprtunityが減少しネガティブなのかが、重要な問題としてクローズアップされた。
次に、国際連携については、本センターを国際連携拠点とするために、世界最大のコンファレンス/エキシビジョンであるSC18で初めて動態の公開実験を行った。これは日米大学が中心となり、ベンダーキャリアと連携して、公開実験を行ったものであり、日米間100Gbpsの光ファイバーをJGN, SINETの協力を得て利用したまさにオープンラボの成果とも言える。
三点目は、人材育成であり、NTT研究所から2名の招聘教員を行い、本プロジェクト内で研究教育を行なった。本トライはダブルアポイントメントの極めて重要な一歩である。大学院指導資格、博士指導資格を得て教育を行なっているが、理工学研究科として、先導研究センター所員と大学院教育の関係が未整備であるため、ここでは詳細を割愛する。

■公刊論文数(件数と主たる公刊誌名)、学会発表件数(国内・国際)、イベントなど社会貢献の実績(年月日、場所)

論文数件数:6件
[主たる発表]
国際会議SC18において100Gbpsで日米をつなぎ、クラウド連携および自動運転によるスマート社会公開実験を行った(November 11-16, 2018、米国ダラス)。これは、自動運転車がエッジコンピュータより行動な制御を受けている際に、走行に伴ってagentプログラムをエッジ間で移動させるものである。多くの報道発表等を含め、世界的に当センターのアクティビティが注目された

研究会件数:3件

■センター活動を通じて特に成果を挙げた事柄

SC2018において、日米協力での国際実験を行い、100Gbps超えで日米間接続に成功し、報道発表をした。

所員

所員(兼担)

山中直明 理工学部情報工学科 教授
大槻知明 理工学部情報工学科 教授
斎藤英雄 理工学部情報工学科 教授
今井倫太 理工学部情報工学科 教授
杉本麻樹 理工学部情報工学科 准教授
杉浦裕太 理工学部情報工学科 専任講師
中澤仁 環境情報学部 准教授
南澤孝太 メディアデザイン研究科 教授
カイ・クンツェ メディアデザイン研究科 教授
仰木裕嗣 政策・メディア研究科 教授
神武直彦 システムデザイン・マネジメント研究科 教授
米澤拓郎 政策・メディア研究科 特任准教授
陳寅 政策・メディア研究科 特任講師
森尚平 理工学部 訪問研究員(日本学術振興会)
加藤貴昭 環境情報学部 准教授 
岡田光弘 文学部 教授 
中西泰人 環境情報学部 教授